イングネット ウエッブサービス会員規約

株式会社イングネット(以下、「イングネット」といいます)は、イングネット ウェッブサービス会員規約(以下、「本規約」といいます)を、以下の通り定めます。 

第 1条(イングネット ウエッブサービス)

イングネット ウエッブサービスとは、イングネットが提供する「会員制インターネットサービス」のことをいい、以下の各サービスがあります。
[1] 「会社名.co.jp(会社名.com)」等でインターネットホームページおよび電子メールをお預かりするバーチャルドメインサービス、ホスティングサービスならびにサブドメインサービス。
[2] 「会社名.co.jp(会社名.com)」等でイングネットとリンクするサービス 
[3] 「会社名.co.jp(会社名.com)等のドメインを取得代行及び登録するバーチャルドメインサービス、ホスティングサービス
[4] 「j-vip.net、syobai.net」等で電子メールアカウントを発行、また同ドメインにてホームページや電子メールをお預かりするレンタルウエッブサービス。
[5] 取得したドメインをお預かりするドメインキープサービス
[6] 会員様にサーバーをお貸しするホスティングサービス
{7} 掲示板やカウンター等のシステムをお貸しするサービス
[8] その他、イングネット ウエッブサービスとしてイングネットが定めるサービス

第2条(本規約の範囲および変更) 

1. 本規約は、会員とイングネットに対し、イングネット ウエッブサービスの利用に関する一切のサービスに適用されるものとします。
2. 前条に定める各サービスについては、イングネット ホームページに記載された事項等に従うものとします。
3. イングネットは会員の事前の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとし、この場合、料金その他の条件は変更後の会員規約に従うものとします。変更について、抜本的変更とイングネットが判断した場合に限りホームページおよびE-mail等で会員に告知するものとします。

第3条(会員資格・会員) 

1. 会員資格は、イングネットが定める手続きに従って入会の申込をし、イングネットがそれを受理した時点で与えられます。 
2. 会員とは、前項の会員資格を与えられた[1]個人、[2]法人、[3]その他の団体、[4]法人およびその他の団体に所属する各個人、をいいます。   

第4条(サービスの提供) 

1. イングネット ウエッブサービスとして提供するサービスは、イングネットがその時点で提供可能なものとします。 
2. イングネットは、理由の如何を問わず、会員に事前の通知をすることなく、イングネット ウエッブサービスの内容の一部または全部の変更、追加および廃止、価格の変更等をすることができます。ただし、全部を廃止する場合には、イングネットが提供する手段を通じ、事前に発表するものとします。 

第5条(変更の届出) 

1. 会員はイングネットへの届出内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法でイングネットに変更の届出をするものとします。
2. 法人およびその他の団体の会員について、会員が合併その他の理由により、その地位の承継があったときは、合併後存続する法人およびその他の団体、もしくは合併により設立された法人およびその他の団体等は、承継したことを証明する書類を添えて、速やかに所定の方法でイングネットに変更の届出をするものとします。
3. 前項の場合、地位を承継した者が2名以上あるときは、そのうちの1名をイングネットに対する代表者と定め、あわせて書面によりその旨をイングネットに届出をするものとします。これを変更したときも同様とします。 
4. イングネットは、前項の規定による通知があるまでの間、その地位を承継した者のうち1名を選択して代表者とみなします。
5. 本条に定める変更の届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、イングネットは一切その責任を負いません。

第6条 (会員資格の取消) 

1. 会員が以下のいずれかの項目に該当する場合、イングネットは当該会員に事前に何等通知または催告することなく、サービスの提供の停止および会員資格の取消をすることができるものとします。 
(1)  入会申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあった場合 
(2)  イングネットが提供するいずれかのサービスについて、その利用料金等その他の支払を怠っている場合、または過去に支払を怠ったことがある場合 
(3) 個人の会員、もしくは法人およびその他の団体の代表者である会員について、その会員の資産について差押や滞納処分を受けた場合 
(4) 法人の会員について、破産、和議、会社更生手続、会社整理もしくは特別清算の申立の事由があった場合 
(5)  法人の会員について、手形交換所の取引停止処分、もしくはその会員の資産について差押や滞納処分を受けた場合 
(6)  個人の会員、もしくは法人およびその他の団体の代表者である会員が未成年者で、入会の日から1ヶ月以内に、保護者による記名押印がなされた同意書の提出がない場合。ただし無料サービスは除くものとする。 
(7)  個人の会員、もしくは法人およびその他の団体の代表者である会員について、破産の申立があった場合、または準禁治産宣告もしくは禁治産宣告を受けた場合
(8) 第9条に定める禁止行為を行った場合 
(9)  本規約やイングネットが別途に定めるその他の規約、規程等およびその他の法令・通達等に違反した場合
(10) その他、イングネットが会員として不適当と判断した場合 
2. 前項の場合、個人、法人およびその他の団体の会員については、期限の利益を喪失し、当該時点で発生している利用料金等イングネットに対する債務の全額をイングネットの定める方法で一括して支払うものとし、当該支払についてはイングネット ウエッブサービス料金規定(以下「料金規定」といいます)に基づいて行われるものとします。 
3. 前項の規定は、法人およびその他の団体に所属する各個人の会員が第1項に該当した場合は、その時点で当該法人およびその他の団体に所属しているか否かに関わらず、イングネットが提供する全てのサービスのいずれかの利用に起因する場合は、当該所属法人または当該団体の代表者がその義務を負うものとします。
4. 第1項(5)の場合、会員はイングネットが加盟する信用情報機関に当該会員の支払能力に関する情報提供・調査に同意するものとします。   

第7条 (利用期間と退会手続) 

1. バーチャルドメインサービス・ホスティングサービス・サブドメインサービス・E-mailプラン
(1) 顧客の依頼によりイングネットのサーバーへの設定及び、JPNIC等のネームサーバーの登録された月の月末をもって1ヶ月とし、JPNIC等ののネームサーバーより削除された月末をもって退会月とする。またこの期間をもって在会月数とする。
(2)  会員の退会にともない、イングネットは既に受領した料金の払い戻し等は一切行いません。 
(3) JPNIC管轄ドメイン所有会員が退会の場合、当該時点において発生している退会事務手数料1.000円(税別)、利用料金その他の債務(違約金を含む)の履行は料金規定に基づいてなされるものとします。なお、料金規定に定めのない事項については、会員はイングネットの請求に従うものとします。 
(4) The InterNIC(以下InterNICといいます)等の日本国以外の管轄ドメイン所有会員が退会の場合はイングネットへお申し出頂きイングネットの設定が完了した時点で退会といたします。
2. その他の無料サービス
イングネットは、会員が以下の項目の一つにでも該当する場合は、一方的に利用契約の解除をいたします。またイングネットは会員に対していかなる責任も負わないものとします。
(1) 会員の希望による利用契約の解除。
(2) 3ケ月の期間、本サービスをご利用されていない場合。
(3) 本サービスに添付される広告の送付を拒否した場合。
(4) 本サービスの利用により、当社の設備に対し重大なる損害を与えた場合、または与える恐れのある場合。
(5) その他、当社が不適当と判断した場合

第8条(利用上の注意) 

1. 会員はイングネット ウエッブサービスを通じて、会員が発信する情報につき一切の責任を負うものとし、イングネットに何等の迷惑または損害を与えないものとします。
2. 転送量の上限を、月間300MB以内とし、これを超える場合は別に定める追加料金を支払うか、もしくは掲載データーの変更をすみやかに行うものとする。
3. イングネット ウエッブサービスの利用に関連して、会員が他の会員もしくは第三者に対して損害を与えた場合、または会員が他の会員もしくは第三者と紛争を生じた場合、当該会員は自己の費用と責任で解決するものとし、イングネットに何等の迷惑または損害を与えないものとします。 
4. 会員はイングネットの求めに応じて、会員自らの属性等、会員に関する情報をイングネットに提供しなければならないものとします。 
5. 会員が入会申込時の際に当社に届け出た事項は、当社のデータベースに登録される事があります。登録された会員情報は当社の所有に属するものとします。
6. イングネットは、登録された会員情報を個人識別が可能な状態で第三者に提供しないものとします。但し、次の場合は、イングネットが相当と認める範囲で登録された会員情報を開示できるものとします。
(1) 会員の同意が得られた場合。
(2) 法令により開示が求められた場合。
(3) その他、相当な事由がある場合。

第9条(禁止行為) 

1. 会員はイングネット ウエッブサービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。 
(1)  他の会員、第三者の工業所有権著作権等の知的所有権、およびその他の権利を侵害する行為、また侵害するおそれのある行為 
(2) 他の会員、第三者の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為 
(3)  他の会員や第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
(4)  公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為、あるいはそれを助長する行為 
(5)  公序良俗に反する情報を他の会員もしくは第三者に提供する行為 
(6)  法令に抵触・違反する行為や犯罪的行為、もしくはそのおそれのある行為、あるいはそれを幇助する行為 
(7)  事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為 
(8)  インターネット上で、他の会員、第三者もしくはイングネットが入力した情報を不正に改竄した場合
(9)  他人になりすまして情報を送信、受信または表示する行為
(10)  IPアドレス、アカウント、パスワード、およびドメイン名を不正に使用する行為 
(11) イングネット ウエッブサービスおよびその他イングネットが提供するサービスの運営を妨げる行為 
(12)  会員がイングネット ウエッブサービスを利用して、イングネットの承諾なしに本規約第1条に定めるサービスと同様のサービス、あるいはその他インターネットに関連するサービスを第三者に提供あるいは再販売する行為 
(13) その他、イングネットが不適切と判断する行為 
2. 会員は前項各号のいずれかに該当する行為により、他の会員もしくは第三者に対して損害を与えた場合は、自己の責任と費用をもって解決し、イングネットに損害を与えることのないものとします。

第10条(ドメイン名) 

1.  第1条に定める「会社名.co.jp(会社名.com)」等の登録サービスにより割り当てられたドメイン名は社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(以下、JPNICといいます)および The InterNIC(以下InterNICといいます)がそれぞれ割当てるものであり、会員はドメイン名の利用について、JPNICおよびInterNIC等の各ネットワークインフォメーションセンター(以下、NICといいます)が定める規程等に従うものとします。
2. 会員はドメイン名の申請・管理に関して、イングネット、NICが要求する全ての書類をイングネットに提出しなければならないものとします。
3. 会員はNICによるドメイン名の割当後12ヶ月を経過しても、いずれのサービスも利用していない場合は、ドメイン名の廃止申請の代理をイングネットに委任しているものとみなし、これにともないNICが要求するすべての書類をイングネットに提出しなければならないものとします。 
4. NICによりドメイン名が取り消されたことをもってイングネットにその存在を主張することはできないものとします。  

第11条 (IPアドレス、ID、パスワードおよびドメイン名の管理責任)

1. 会員はイングネットより一時的に付与されたIPアドレス、ID、パスワード、アドレス、およびドメイン名等の情報について、管理責任を負うものとします。 
2. 前項に定めるIPアドレス、ID、パスワード、アドレスおよびドメイン名の管理不十分、使用上の過誤、およびその他の理由により、イングネット、および第三者に与えた損害の責任は会員が負うものとし、イングネットは一切責任を負いません。 
3. 第1項に定めるIPアドレス、ID、パスワード、アドレスおよびドメイン名を亡失もしくは盗用された場合は、速やかにイングネットに連絡するものとします。

第12条(情報の取扱) 

1. 会員は権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、イングネット ウエッブサービスを通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定める私的使用の範囲外の使用をすることはできません。
2. 会員は権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、イングネット ウエッブサービスを通じて提供されるいかなる情報も使用させたり、公開させたりすることはできません。
3. 本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任で解決するものとし、イングネットに何等の迷惑または損害を与えないものとします。 

第13条(情報の削除) 

1. イングネットは以下の場合、会員に通知することなく、会員の書き込んだ情報を削除することができるものとします。
(1) 書き込み内容が第9条に定める禁止行為に該当するとイングネットが判断した場合 
(2)  登録された情報が所定の容量を超過した場合 
(3)  その他イングネットが情報の削除が必要と判断する場合
2. 前項に関して、イングネットは情報の監視・削除義務を負うものではありません。イングネットが削除しなかったことにより会員あるいは第三者が被った損害について、イングネットは一切責任を負わないものとします。   

第14条(サービスの停止) 

1.  イングネットは次に該当する場合には、イングネットの判断により会員に事前に連絡することなく、ウェッブサービスの運用の全部または一部を停止することができるものとします。 
(1) 天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、「電気通信事業法」第8条にさだめる処置を取る場合 
(2)  上記(1)の法律上の要請の如何に拘らず、天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合
(3)  イングネットの電気通信設備の保守、工事または障害上やむを得ない事由が生じた場合
(4)  法令による規制、司法命令等が適用された場合
2. イングネットは前項に基づくイングネット ウエッブサービスの提供の中止によって生じた会員の損害について一切責任を負いません。   

第15条(イングネット設備の修理または復旧) 

1.  イングネット ウエッブサービスの利用中に会員がイングネットの設備またはサービスに異常を発見したときは、会員は会員自身の設備等に故障がないことを確認の上、イングネットに修理または復旧の旨請求するものとします。
2. イ ングネットの設備もしくはサービスに障害を生じ、またはその設備が滅失したことをイングネットが知ったときは速やかにその設備を修理・復旧を目指すものとします。

第16条(譲渡の禁止)

会員はイングネット ウエッブサービスの会員として有する権利を第三者に譲渡若しくは使用させたり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第17条(損害賠償) 

1. イングネットは、会員に対して発生した全ての損害に対しいかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
2. イングネットが当該会員の会員資格の取消をしたか否かににかかわらず、当該会員はイングネットに対して損害賠償の義務を負うものとします。

第18条(免責事項) 

1. イングネットはイングネット ウエッブサービスの内容、および会員がイングネット ウエッブサービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。 
2. イングネット ウエッブサービスの提供、遅滞、変更、中止もしくは廃止、イングネット ウエッブサービスを通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失等、またはその他イングネット ウエッブサービスに関連して発生した会員の損害について、イングネットは一切責任を負いません。 

第19条(イングネット ウエッブサービスの利用料金等) 

第1条に定める各サービスの利用料金およびその計算方法・支払方法等は別途に定めるイングネット ウエッブサービス料金規定、およびイングネットのホームページ上の記載等に従うものとします。

第20条(準拠法) 

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第21条(協議および管轄裁判所)

1. イングネット ウエッブサービスに関連して会員とイングネットとの間で問題が生じた場合には、会員とイングネットで誠意をもって協議するものとします。 
2. 協議によっても解決しない場合、大阪地方裁判所を専属管轄裁判所とします。 

2003年4月1日